親族や少人数で行う葬儀

最近では葬儀の多くが斎場で行われています。

斎場で行われることが多い現代の葬儀

親族や少人数で行う葬儀 最近では葬儀の多くが斎場で行われています。斎場は、多くの場合葬祭業者が運営、管理しており、セレモニーホールと呼ばれることもあります。また、公営の式場や寺院が経営している貸式場なども葬儀の斎場として利用できるようです。斎場での葬儀が多く選択される理由としては、まずはじめに住宅事情があげられます。アパートなどの共同住宅の場合は、部屋が狭かったり部屋の壁が薄かったりなどするため、物理的に自宅での葬儀が困難であるという理由からです。また、斎場で行う場合には、きめ細かなサービスを受けることができるというのも魅力のひとつとなっています。手伝いの人も必要なく、近所に家庭の事情を詮索される心配もありません。

また葬祭業者が運営している斎場には、宿泊施設が設けられているところも多いので、使い勝手も良いようです。葬儀というのは、親しい人を亡くして、身体的にも心理的にも多くの負担を強いられている時期に行わなくてはなりません。そのため、葬儀を行う側はできるだけ苦しみが増さないようにしたほうが良いでしょう。一方で参列する側は、より故人のそばにいた人のことをおもんばかる心遣いが欠かせません。礼儀を忘れることなく、心遣いや心配りを存分にすれば、亡くなった故人を通して他の人たちとの絆もより深いものとなり得るでしょう。

おすすめ

Copyright (C)2019親族や少人数で行う葬儀.All rights reserved.