親族や少人数で行う葬儀

葬儀に対する考え方は人それぞれです。

人の生き方や考え方を反映する葬儀

親族や少人数で行う葬儀 葬儀に対する考え方は人それぞれです。葬儀のことを考えるということに抵抗を感じている人は、昔ほど多くはありません。しかし、考えたくもないという人も少なからずいるということは確かなようです。一方で、自分の葬儀は自分で選びたいという人が増加の傾向にあります。祭壇や段取りを自分で決定しておきたいという人や、宗教的な儀式はしないでほしいという人など、人それぞれの生き方や考え方をその人が亡くなったあとにも反映させることができるようになってきています。もちろん自分の人生の締めくくりであるから、派手で盛大な葬儀をしてほしいという希望を持っている人もいるそうです。

しかし、葬儀のことを考えるときにまず希望としてあがってくるのが、多くの場合費用をかけない葬儀にしてほしいというものだといわれています。家族を亡くすということは、精神的、肉体的な負担を伴うということです。葬儀は、その負担に金銭的な負担を上乗せしてしまう可能性も持っている儀式だといえます。そのため、その費用をできるだけおさえてもらってかまわないというのが旅立つ側に共通の認識となりつつあるようです。ただ、そうはいっても残された家族や友人たちの心が慰められるということも需要です。葬儀を悲しいだけの儀式にしないためには、やはりある程度事前に調べておくということが必要になってくるでしょう。

おすすめ

Copyright (C)2019親族や少人数で行う葬儀.All rights reserved.