親族や少人数で行う葬儀

お葬式に参列するときに、用意する香典のマナーって、なかなかわからない人が多いですよね。

知っておくべき葬儀のマナー

親族や少人数で行う葬儀 お葬式に参列するときに、用意する香典のマナーって、なかなかわからない人が多いですよね。葬儀の際に恥をかかないように、しっかりと学んでおきましょう。香典はお通夜かお葬式の際に持参をします。どっちに持参をしなくてはいけないというルールはありません。ですが、一般的に両方参列する場合には、お通夜に渡すことが多いので覚えておきましょう。そして、お通夜にもお葬式にも参列できない場合には、香典を郵送しても構いません。その際には、必ず普通郵便ではなく、現金書留を使って、お悔やみの言葉と一緒に送るようにしましょう。

お悔やみの言葉は必ず、白無地の便箋を使用しましょう。毛筆だとなかなか上手に字が書けないという人は、黒のボールペンか青のボールペンで構いません。お悔やみの言葉は、特に季節のあいさつや拝啓といったような結語は不要です。ですが、驚きと悲しみの気持ちやお悔やみの言葉は忘れないようにしましょう。また、参列できない残念な気持ちも一緒に書くと良いでしょう。お悔やみの言葉はお手紙とは違いますので、あまりにもくだけすぎる様な言葉は書かないほうが良いでしょう。そして、必ず香典を送るという旨を書くことを忘れないでくださいね。葬儀のマナーをしっかりと守って、相手に不快感を与えないようにしましょう。

おすすめ

Copyright (C)2019親族や少人数で行う葬儀.All rights reserved.